西都古墳まつり2018の日程は?炎の祭典の見どころも!日本遺産の古墳群がお出迎え、駐車場もご紹介 | かんたん!べんり!情報便

西都古墳まつり2018の日程は?炎の祭典の見どころも!日本遺産の古墳群がお出迎え、駐車場もご紹介

宮崎県西都市の西都原を中心に、妻市街地や都萬神社などで分散して開催されるおまつりが「西都古墳まつり」です。

開催日程、開催場所、開催時間、おまつりの見どころをご紹介いたします。

スポンサーリンク

西都古墳まつりとは

引用:https://www.discover-miyazaki.jp

幻想的で壮大な炎の祭典「西都古墳まつり」「ニニギノミコト」と「コノハナサクヤヒメ」

の恋の物語からはじまります。

二人が初めて出会った「逢初川(あいそめかわ)」、新婚生活を送った御殿「八尋殿(やひろ

でん)」、三皇子を出産した「無戸室(うつむろ)」、三皇子の産湯に使われた「児湯の池

(こゆのいけ)」など古事記、日本書紀の伝承地がこの西都市だそうです。

「西都古墳まつり」はこのコノハナカクヤヒメが三人の皇子を出産するときに、産屋に火を

放っていたという説にちなんで毎年11月に行われるようになったそうです。

西都古墳まつり2018開催日程は

西都古墳まつりの日程は次のようになります。

開催日時:平成30年11月3日(土)10時から、11月月4日(日)

開催場所:西都市大字三宅西都原御陵墓前広場ほか

<p>

問い合わせ:西都市観光協会 ( 電話番号 0983-43-6230 )

スポンサーリンク

西都古墳まつり2018のイベント

引用:http://fes-fes-nationwide.seesaa.net

女人の舞と武人の舞とは

引用:https://eureka69.exblog.jp

「西都古墳まつり」のメインはコノハナサクヤヒメが出産した「無戸屋(うつむろ)」を

再現した小屋に火を点火し、燃え盛る「無戸屋」の周りを囲んでコノハナサクヤヒメに

扮した女性による「女人の舞」とニニギノミコトに扮した男性による「武人の舞」などが

幻想的に壮大におこなわれます。

あなたはこのロマンチックなひと時を誰と過ごしますか?

たいまつ行列

引用:http://www.ja-saito.or.jp

「西都古墳まつり」のもう一つの見どころはたいまつ行列です。

古代の衣裳を着た1,000人を超える参加者がたいまつを持っておよそ1キロを歩きます。

たいまつ行列には地元以外の一般客や観光客も参加できます。

希望する方は10月から電話での予約を受け付けるそうです。

西都市観光協会 (電話0983-41-1557)にお問い合わせください。

スポンサーリンク

西都原古墳群とは

            引用:http://www.saito-kanko.jp

西都原古墳群は平成30年5月4日に「日本遺産」に認定されています。

東西約2,6キロ、南北4,2キロ標高50~80メートルの台地に4世紀前半から

7世紀前半にかけての古墳が300有余墓、日本一の規模です。

宮崎県立西都原考古博物館も必見です。

入場は無料で、喫茶店のワンコインランチ「古墳丼」や「ランチDE古代」もおすすめ!!

引用:https://haveagood.holiday

※古墳群での見学おすすめ

①「男狭穂塚(おさほづか)」「女狭穂塚(めさほづか)」

②「鬼の窟古墳(おにのいわやこふん)」

③「13号墳」(発掘調査時の様子がそのまま見学できる)

この3つはたくさんある古墳のなかでも必見です。

西都古墳まつり2018の300万本のコスモス

引用:http://wall.pmiyazaki.com

「西都古墳祭り」の11月に合わせて植えられている300万本のコスモスです!!

見渡す限り可愛くて一面が美しいコスモスです。

夢のような空間をお楽しみください。

お立ち寄りの際の駐車場は西都原ガイダンスセンター、「このはな館」がおすすめです。

(電話:0983-43-6230、駐車場は無料です)

西都原ガイダンスセンター「このはな館」とは

「このはな館」をご紹介します。

場所:〒881-0005 西都市大字三宅4941-1

電話:0983-43-6230

会館時間:午前9:00~午後5:00

駐車場:乗用車700台(芝生駐車場を含む) 大型バス6台

このはな館のサービス内容は

①物産販売・・地元で採れた新鮮な野菜、くだものを安価にて提供しています。

②レストラン・・「旬菜家」営業時間11:00~15:00(ラストオーダー閉店30分前)があり四季折々の地元で採れた旬の食材を活かした、創作和風料理を満喫できます。

③レンタサイクル・・貸出時間 10:00~15:00 90分間無料です。子供用(補助輪なし)もあります。

引用:http://www.saito-kanko.jp

  引用:http://www.saito-kanko.jp

スポンサーリンク

西都古墳まつり会場へのアクセス

( 車をご利用の場合 )

◦宮崎市内から国道219号線を経由して約40分

◦東九州自動車道西都ICから約10分

( バスをご利用の場合 )

◦宮崎空港から約1時間10分

◦宮交シティから約1時間

◦「西都」行き「西都バスセンター」下車、西都バスセンターからタクシーで約10分

※時間帯によっては宮交シティ西都原考古博物館を結ぶ直行便(約1時間10分)も運行ありますのでご利用ください。

最後に

「現代のなかに、古代をめざして」をコンセプトに催されるおまつりです。

日頃のあわただしさを一時の間忘れさせてくれる場所に足を運んで見られませんか。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする