高橋学容疑者の顔画像は?児童の頭を壁に打ち付け!塾校長の体罰か!動機は? | かんたん!べんり!情報便

高橋学容疑者の顔画像は?児童の頭を壁に打ち付け!塾校長の体罰か!動機は?

神戸市のにある学習塾で児童の頭を7,8回壁に打ち付けたとして塾講師・髙橋学容疑者(43歳)が警察に逮捕されました。

恐ろしい事件です。

その塾講師はどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要は

出典:関西テレビ

神戸市垂水区にある学習塾の校長である髙橋 学容疑者が担当である算数の授業が終わった後、テキストを忘れてきた小学5年生の児童の首根っこを掴み、頭を7,8回壁に打ち付けた疑いで逮捕されました。

幸い児童に大きな怪我は無かったとのことです。

高橋学容疑者の顔画像は

出典:関西テレビ

43歳で学習塾の校長をしている人です。

担当が算数とのこと、チョット児童からみれば怖そうな先生かもしれませんね。

スポンサーリンク

高橋 学容疑者のプロフィールは

名前:高橋 学(読み方:たかはしまなぶ)

年齢:43歳

職業:学習塾の講師(校長)

職場:創造学園エディック 神戸市垂水本部校

家族:未公開

またこちらで髙橋 学容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。こちらの内容は分り次第加筆させていただきます。

事件の現場は

髙橋 学容疑者の勤務先である創造学園エディック 神戸市垂水本部校です。

教育理念が「こどもたち一人ひとりの「夢・挑戦・達成」を全力で支援し続けます

という関西でも大きな学習塾のようです。

スポンサーリンク

犯行の動機は

被害を受けた児童が「何回も注意しても忘れ物が多いので、軽くうけとめていると思い壁におでこを7,8回打ち付けた」と髙橋学容疑者も犯行を認めているそうです。

出典:関西テレビ

髙橋 学容疑者自身も反省しているとのことです。

軽く受け止められている」と思い腹がたったみたいですね。

児童の日頃の態度とかその日の気分とかで、爆発したのでしょうか?

しかし、暴力を振ることは決して許されることではありませんよね。

被害者の児童も大きな怪我は無かったとありましたが、額を強く打ち「硬膜下血腫」の疑いがあるそううです。

硬膜下血腫とは

児童の怪我が大事にいたらなかったとあり良かったのですが、どのようなものなのでしょう。

調べてみました。

急性硬膜下血腫について

①急性硬膜下血腫とは

硬膜は頭蓋骨のすぐ内側にあり、頭蓋内で脳を覆っている結合識性の強い膜です。この硬膜の内側で脳の表面に出血が起こると、出血した血液が硬膜の直下で脳と硬膜の間に溜り、短時間のうちにゼリー状にかたまって、脳を圧迫します。これが急性硬膜下血腫です(図1)ほとんどが大脳の表面に発生しますが、ごく稀には左右の大脳半球の間や小脳表面(後頭蓋窩)に発生することもあります。急性硬膜下血腫は予後不良を示唆する所見として重要です。

図1 急性硬膜下血腫
図1 急性硬膜下血腫

出典:脳神経外科疾患情報ページ

この疑いがあるとのことです。

本当は怖い怪我なんですね。

その児童の症状が軽くて本当に良かったと思います。

大人になってから後遺症のような、頭痛やめまいなどが続かなければいいですね。

それよりも、心の傷は消えないと思います。

ご家族の気持ちを思うといたたまれなくなります。

ネットの反応

(加筆させていただきます。)

「やりすぎ、宿題を忘れたことは良くないがけどやりすぎでしょ。
その子のことを思ってやったとはならない。
こんな大怪我させて後遺症が残ったら勉強さえ出来なくなってしまう。子供に勉強を嫌いにならないよう教えていくのが先生でしょ。
これでは本末転倒。後遺症が残らないことを願うのと心のケアを願います。」

「その子の事を思ってではなく、単に逆上しただけだしょう。自分をコントロール出来ない大人はダメだよ。

「硬膜下血腫疑いは大怪我でしょう。暴力を奮っても、それは自分の怒りを発散させているだけで、子どもに伝えるべき『宿題の大切さや忘れ物をしないこと』は伝わりません。

「色々なケースを想像してしまう。

生徒が普段から講師をおちょくり回してて、宿題を忘れたと言ってるものの、わざとやってこない常連やったから、遂に堪忍袋の緒が切れた。

この講師が元々暴力的で、怒りを抑えられないタイプで、その日はたまたま虫の居所が悪かった上に件の事が起きた。

何れにしても、講師が常軌を逸してた事には変わりないと思う。

脳に近い部位なだけに本人だけが地味に苦しむ後遺症が出やしないかと思う。」

「この小学生は心のケガは確実にしてますよね。」

「この先生の授業中学生のときに受けたことあるわ
そん時はいい先生やと思ったのになー
多少小学生に非があるとしても流石にこれはやりすぎやわ

以上

引用:ヤフーニュース

やはり塾の講師ですから子供からすれば先生ですよね。

気分で暴力を振るわてても困りますよね。

厳しいコメントがたくさんありました。

さいごに

被害にあった児童が幸いにも大事に至らなかったこととのことでよかってですよね。

大人が子供にする暴力は本当にいけないことです。

子供が受けた心の傷は決して消えることはないと思います。

大人がしっかりと守ってやらないといけませんよね。

また新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする