倉田一史容疑者の顔画像は?男子生徒の下着姿を撮影!中学校の副校長が逮捕! | かんたん!べんり!情報便

倉田一史容疑者の顔画像は?男子生徒の下着姿を撮影!中学校の副校長が逮捕!

男子中学生を個室に呼び服を脱がせたうえ下着姿の写真を撮影したとして、東京・墨田区の区立中学校の副校長・倉田一史(くらたかずふみ)容疑者(50歳)が逮捕されました。

なんと男子生徒の下着写真を撮ったという事件です。

この副校長はどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク

事件の概要は

出典:テレ朝NEWS

東京・墨田区の区立中学校の副校長・倉田一史(くらたかずし)容疑者(50歳)が去年の9月、当時副校長を務めていた中学校で男子生徒の服を脱がしたうえその下着写真を撮影した疑いで逮捕されました。

中学生の男子生徒の下着写真を撮ったとのことです。

これはどのような容疑なのでしょうか?

18歳未満の児童にたいしてわいせつな画像を撮ったりすると児童ポルノ製造罪」となり、その罰則は5年以下の懲役もしくは300万円いかの罰金」となります。

また、わいせつな写真を保持しているだけでも児童ポルノ単純所持罪」となり罰則は「1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」となるそうです。

このように、児童を守るためにも「児童ポルノ」に関する刑罰は重くしてあるとのことでした。

墨田区の教育委員会は「事実関係を確認の上、厳正に対処し、服務規律の確保を徹底する」とこめんとしています。

真面目な先生がたにとっては、本当に迷惑な事件ですよね。

スポンサーリンク

倉田一史容疑者の顔画像は?

出典:テレ朝NEWS

倉田一史容疑者の顔画像ですが報道で公開されているのは横顔です。

また新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

倉田一史容疑者のプロフィールは

名前:倉田一史(読み方:くらたかずふみ)

年齢:50歳

職業:中学校の副校長

勤務先:東京都墨田区立桜堤中学校

住所:千葉県船橋市

家族:未公開

勤務先の東京都墨田区立桜堤中学校の付近の地図です。

家族等の情報はまだ公開されていませんでした。

またこちらで倉田一史容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。こちらの内容は分り次第加筆させていただきます。

追記学校の「副校長」とは

倉田容疑者は小学校の「副校長」とのことです。

副校長」とはどんな役職なのでしょうか。

2007年に学校教育法が改正され、「校長」と「教頭」の間に置くことができるようになった管理職です。

副校長」は各学校の判断で置くことができる職で、「校長を助け、命を受けて校務をつかさどる」ことが職務です。

生徒数が多く規模の大きい学校には「副校長」が2人いたりしますよね。

そのような重要な管理職が今回のような事件を起こしてしまったのですね。

スポンサーリンク

犯行の動機は

出典:テレ朝NEWS

昨年9月事件です。

その勤務先の中学校は墨田区立錦糸中学校でした。

倉田一史容疑者は男子生徒に相談にのるよと声をかけて、個室に呼びだして服を脱がして下着姿にした後その写真を撮っていたのでした。

下着は脱がさなかったのでしょうか?

倉田一史容疑者の今後の供述でもっとわいせつな行為等が出てくるかもしれませんね。

事件の現場である墨田区立錦糸中学校付近の地図です。

最近よく耳にする「LGBT」がありますよね。

分りずらいので調べてみました。

LGBT」とは

最近よく耳にする「LGBT」の意味ですが、

Lesbian(レズビアン)体と心の性別は女性であって、性的指向が女性となる人をいう

GGay(ゲイ)体と心の性別は男性であって、性的指向が男性となる人をいう

B:Bisexual(バイセクシュアル)体と心の性別を問わず、性的指向が男性・女性となる人をいう

TTransgender(トランスジェンダー)体の性別と心の性別が一致しない人をいう

という4つのタイプの頭文字からできた言葉でした。

このタイプから倉田一史容疑者をみてみると③のB:バイセクシュアルに該当しそうですね。

ネットの反応

「自分の職場でこのような事をするとは…。
理解できない。
今回の件だけでない可能性があるし、なくても今後さらに悪質なことをしそう。」

「学校の先生はもう信頼できる対象者ではなく、最初から疑うべき対象者になりそう。」

「男子生徒の過半身の写真を取る事が相談の解決なわけないだろう。恐ろしい人間だ。自分がされたらこういう人間はどんな気持ちになるのだろうか?

「学校では変態職員と盗撮カメラにつねに気を配る事を子供に教えないといけないな。
身だしなみチェックとかいってスカートの中の下着を見るのを男性がやるのもおかしいし。」

「最近、合法になったと勘違いしたホモの性犯罪が多いね。」

「奥さんがいるんだろうが、奥さんも可哀相だな
旦那の性対象が小学生の男子だったとは
俺が奥さんだったら即刻離婚
同じ屋根の下に気持ち悪くて住めないだろ

「こういうのは癖だから、過去をあらえば他にもまだまだ出てくると思う。徹底的に締め上げて懲戒免職の後、刑事罰を。

「こういう事件を目にするたび、学校の先生の中には、自分の性的欲求を満たすために教職についた人がいるんだろうな…と思ってしまう。
純粋に頑張っている先生達には迷惑な話だ。」

「職業柄か、性職者が多すぎだ。
安心して学校に行かせられない。
男性教師全員に小児性愛者、ホモなどの検査を実施した方がいい。
実際に実施している学校もあると聞く。
また、それらの情報を全国の学校間で共有しなさい。」

以上

引用:ヤフー!ニュース

学校の教育者であるべき人の犯行です厳しいコメントガたくさんありました。

さいごに

やはりなんといっても被害におあった男子生徒の心のケアが大事ですよね。

先生を信じれなくなったら学校という場所は何になるのでしょうか。

問題は大きいと思います。

また新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする