露谷正徳容疑者の顔画像は?住宅ローン苦でスリ!電車で女子大生の財布が! | かんたん!べんり!情報便

露谷正徳容疑者の顔画像は?住宅ローン苦でスリ!電車で女子大生の財布が!

電車内で女子大生のバックから財布を盗んだとして会社員・露谷正徳容疑者(42歳)が警視庁に逮捕されました。

どうして女子大生のバックからだったのでしょうか?

この犯行をみてみます。

スポンサーリンク

事件の概要

出典:JNN

出典:JNN

露谷正徳容疑者は、今月11月2日東京メトロ銀座線・虎ノ門駅に停車中の電車の社内で女子大生のバックから財布を盗んだそうです。

電車内で不審な行動をとっていた露谷正徳容疑者警視庁の捜査員がみつけ、様子をみていたところバックから財布を抜き取ったため現行犯逮捕されたそうです。

電車の社内での犯行ですね。

捜査員に不審がられるような行動とはどんなものなのでしょうか。

地下鉄とかにも捜査員がいるんですね。

露谷正徳容疑者の顔画像は

出典:JNN

露谷正徳容疑者の顔の画像です。

年齢は42歳だそうですが、この画像からですと若く見えますね。

悪いことをするようには見えないのですが・・・

そうゆう人ほど怖いのでしょうか?

スポンサーリンク

露谷正徳容疑者のプロフィールは

名前:露谷正徳(読み方:つゆたにまさのり)

年齢:42歳

職業:会社員

住所:横浜市青葉区

家族:未公開

家族の情報も公開が確認でき次第加筆させていただきます。

またこちらで露谷正徳容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。                            こちらの内容は分り次第加筆させていただきます。

犯行現場は

犯行の現場は、東京メトロ銀座線・虎ノ門駅です。

地下鉄での事件ですが、虎ノ門駅付近地図になります。

スポンサーリンク

犯行の動機

露谷正徳容疑者犯行の動機とは

「住宅ローンの返済をするために、盗みました」

とのことです。

出典:JNN

財布の中身は「7400円」でした。

職業は会社員とのことで、住宅ローンがあるということは露谷正徳容疑者は既婚者なのでしょう。

42歳なら小さい子供さんもいるかもしれませんね。

いかに住宅ローンの支払い等で、自分のお小遣いがすくなかったのでしょうか。

今回の逮捕で仕事ができなくなったら、そのほうが大変ですよね。

失うものが大きいのではないでしょうか。

余罪があるかもしれませんね。

スリで捕まると

人のポケットやカバンから財布を抜き取って盗むスリは「窃盗罪」になります。

スリは同じ窃盗罪のうちでも処分が重くなるそうです。

どうしてかと言えば、スリは被害者が気づかない犯罪なので逮捕されにくいのでいったん見つかってしまうと罰が重くされるのだそうです。

不起訴処分や罰金刑ではすまずに公判廷での裁判を受け、懲役刑になる可能性があるそうです。

ネットの反応

「スリをするよりもダブルワークをする方が安全で確実に住宅ローンの足しになると思うんだけどなぁ

「確かにローンもあるんだろうけど、実はそんなに生活には困ってなくて、ただ単に手癖が悪いだけなんじゃないかな。」

「家族がかわいそうだ。こんな事なら団地で良かったのにと。」

「たった7,400円の為に
家族を失い、職を失い、せっかく買った家も売りに出され、転落人生まっしぐら…。
簡単に想像に出来る。
40過ぎてそんな事もわからないって…。

「切羽つまったか?その女性金持ちに見られた?
人のモノ盗んでローンを賄う?一回じゃあすまないのでは、
気持ち的にも落ち着かないのでは、

「そこまでして、手に入れる高い都会の家がそんなにいいかね?浅ましいことだ。
子供も妻もいる年齢か?地獄だな。」

「益々ローンが払えなくなるんやないか?名前がでてしまっとるし、会社も辞めるしかないやろ。

「何でこの人だけが報道されるんだろうな、
他にもダメな奴、ゴマンといるだろうに!いっ?
どういう力が働いたか、あるいはこの人にどういう力が足りたかったか知りたいものだ。」

「本当に喉からてがでるほど困って金が欲しいわけじゃないだろうし、ローンを言い訳にされても。。
取りやすそう、抵抗されても勝てそうだからでしょ?自分の手癖が悪いだけだろ。

以上

出典:JNN

確かに住宅ローンをはじめ借金返済は誰も大変だお思います。

コメントもいろいろありました。

最後に

借金返済苦による窃盗事件でした。

切羽詰まっての犯行かもしれませんが、自分の周りの家族のこともよく考えてほしかったと思います。

また新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする