相内貢容疑者の顔画像は?教師が浴場に侵入し女子児童を盗撮!先生やめてください! | かんたん!べんり!情報便

相内貢容疑者の顔画像は?教師が浴場に侵入し女子児童を盗撮!先生やめてください!

弘前市城東中央の中学校の教師・相内貢容疑者(51歳)公衆浴場に侵入し女子児童の裸を盗撮したとして逮捕されました。

先生がどうして盗撮をしたのでしょうか。

事件をみていきます。

スポンサーリンク

事件の概要

相内貢容疑者は今年の8月18日午後6時半ごろから19日午後6時半ごろまでの間で、津軽地方の公衆浴場に侵入し腕時計型の小型カメラで全裸姿の女子児童を盗撮していたそうです。

相内貢容疑者は弘前市板柳町立板柳中学校の教師だそうです。

容疑は、児童買春・ポルノ禁止法違反(盗撮製造)建造物侵入の疑いです。

盗撮は男湯の浴場と脱衣所でやったとのこと。

別の事件で事情徴収されている際に押収された相内貢容疑者のハードディスクから盗撮した映像が見つかったことから発覚しました。

腕時計型小型カメラとは

腕時計型隠しカメラの仕組み

腕時計型隠しカメラ仕組み

レンズ

腕時計型隠しカメラのレンズは、時計の盤面についている機種が多いです。

側面に、操作ボタンやUSB接続口がついていることが多く、目立たないんです。

レンズは、パッと見ても分からないように設計されています。

出典:隠しカメラPLUS

見た目は腕時計そのものですね。

カメラだと気づく人はまずいないと思います。

こんなので盗撮されてもわかりませんよね。

怖いですね。

スポンサーリンク

相内貢容疑者の顔画像は

まだ報道では公開されておりません。

確認でき次第加筆させていただきます。

相内貢容疑者のプロフィールは

名前:相内貢(読み方:あいうちみつぐ)

年齢:51歳

職業:青森県北津軽郡板柳町町立板柳中学校の教諭

住所:青森県弘前市城東中央3丁目

家族:未公開

※青森県北津軽郡板柳町町立板柳中学校の周辺地図です。

またこちらで相内貢容疑者のFacebookアカウントを調査したのですが、アカウントを特定することはできませんでした。こちらの内容は分り次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

犯行の動機

相内貢容疑者の犯行の動機は何なのでしょうか?

容疑はみとめているとのことです。

はやり「ロリコン」なのでしょうか。

「児童ポルノ」を製造していたとのことです。

製造し販売サイトに投稿し収入をあげていたのかもしれませんね。

これについてもまた新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

ネットの反応

「男湯に女児を入れる方も軽率。
あれって、家庭の事情とかあるかもしれないけれど、周りはあまりよい気がしない。

「近頃毎日、教師による性犯罪のニュースが絶えない。
でも教師の性犯罪だけが増えてるのではなく、性犯罪自体の数が増えているんだと思う。

小型カメラの規制と男性への小さい頃からのモラル教育が急務だと思う。」

「現在、多くの大衆浴場で
小さい子を入れる基準が9歳が多いって聞きますが
自分は10歳の時に父親と男湯に行った記憶が。
4年生なので、少し胸も出てきている時期です。
今は結構平等だけど
昔って男湯の方が豪華で
女湯の方じゃ子供心につまらなくて
普通に両親も、行っておいで~って感じだったんですよね。
スマホどころか携帯もない時代だから
データとしては残らないかもしれないけど
よく、こういうニュース見ると
今の子は本当に自分の時代とは違うんだと思って
守らなきゃいけないなと思いますね。
男の子ですら、狙われる時代ですもんね・・・。

「男性教員の性犯罪がよく報道される。
なぜこうも多いのだろうか。
子どもにかかわる仕事を志す男性には変な趣味が背景にある人も結構いるという。
そういう人間を絶対に教職に就かせない方法はないのか。
教員になる男性は全員去勢するとかしなければならないのか?
小中学校教員は女性限定職にすべきなのか?
そういう極端なことを考えたくないが、男性教員の性犯罪が多ければ、極端な選択を迫られるかもしれない。

「別の事件で事情を聞いてって事は常習の変態教師か 51歳で幼児に興味も完全に病的だし
これが担任だったら中学生にとっては心のキズになってしまうだろうな。」

「ほんとに 教師のこういう犯罪が多いですね。
毎日のように このようなニュースを目にしているような気がします…。
与える罰の度合いを引き上げる段階に来ていると思います。」

以上

引用:デーリー東北新聞社

コメントも多数ありました。

学校の先生の犯罪ですのでとても関心が高いのですね。

最後に

学校の先生の盗撮事件でした。

まだ情報が少なく画像なども公開されていませんでした。

新しい情報が確認でき次第加筆させていただきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする